風俗嬢の使用済み下着の行方

37歳独身ニート。職なし金なし彼女なし。女にモテる要素は皆目見当たらない。趣味は使用済み下着収集といった、いわゆるどうしようもない反社会的とりえなし人間です。プライドや社会性なども一切持ち合わせておりません。唯一こだわっているコトと言えば、使用済み下着の汚れ具合くらいですかね。使用済み下着の入手方法は合法、非合法一切問いません。チャンスがあればどんな手段を使ってでもGETしてやります。

相手が未成年者であっても一切関係なし。どうせ生きてても良いコトなんて1つもないし。刑務所送りになったところで誰も悲しみません。ならば唯一情熱的になれる使用済み下着収集に全力を注いでやろうと、暗い情熱を燃やし続けてどれだけの月日が流れたでしょうか。もちろん、昔からこうではなかったんですよ。もう10年以上前になりましょうか。当時お気に入りだった風俗嬢に思い切って打ち明けてみたんです。「実はぼく、使用済みの下着が好きで好きで仕方がないんだ」と。彼女にとってぼくはお得意様。週に最低1度はお世話になってましたからね。ある程度の信頼関係は築けていたハズだったのですが。

打ち明けた瞬間、彼女の表情が激変して態度もつれなくなりました。しばらくの間沈黙が続き、「あ、そうなんだ。変わってるねー」と答えた彼女の表情は明らかにひきつっていました。その時は考えすぎかな?と思いいつも通り「また来週遊びに来るからね」と挨拶をして別れたのですが、翌週お店に電話をすると電話口のスタッフから「今日は出勤しておりません」と言われました。あれ? おかしい。いつもこの曜日は出勤してるハズなのにな? と違和感を感じつつも、自分の勘違いだと思い込み、翌日再びお店に連絡してみました。するとスタッフからの返事は先日と同じモノでした。これは明らかにおかしい。もしかして、NGリストに入れられたか? いやいや、彼女とぼくの信頼関係は完璧だったハズ。そう思い直して翌日再びお店に連絡。「すみません。今日も出勤しておりません」もう、目の前が真っ白になりました。あれだけひいきにしていた風俗嬢に使用済み下着マニアだとカミングアウトしたとたんNG客として扱われるなんて。この事件以降、しばらく立ち直ることができませんでした。そう思うようになりました。

そう思いつつも「風俗嬢は使用済み下着をどうしているんだろうか?」という哲学的な問がぼくの心を占めていました。来る日も来る日もこの問い/下着のことばかりを考えて、きたるべき時に性癖的に解脱する。それが正しい使用済み下着マニアなのだと思います。

下着マニアと高松風俗の親和性は高い。極めて高い。
そのことをしっかりと証明するテキストになっているといえる。

風俗嬢にとっての良客

風俗店を訪れるお客の中には様々なタイプのお客が存在する。それは風俗嬢にとって何度でも合いたいと思うタイプのお客もいれば、あまり会いたくないタイプのお客など様々だ。ここでは、多くの風俗嬢にとって良客と呼べるタイプのお客について書いて行こうと思う。

12018

まず風俗店のホームページを見ると、女の子のプロフィール欄に「好きな男性」「好きなお客」といった項目があることが分かるだろう。その項目で書かれることが多いのは「優しい人」ということ。また風俗店の求人情報ページを見ても、「当店のお客様は優しい人が多い」といった記述がされている場合が多い。つまり穏やかで優しい性格のお客は好まれることが多いということだ。ただ優しいというのは女の子によって捉え方が異なると思う。女の子の言うことをきちんと聞き、必要最低限の楽しい会話をし、女の子のペースに従いルールに則って遊ぶ。これが優しいお客ということであれば、風俗ユーザーの多くは優しいお客ということになる。ただそれでは優しいではなく「楽」な客ということも言えるだろう。それだけに女の子の性格を見抜き、それに対応した行動をするという大人の対応ができることも優しい良客の要素のひとつと言えるのではないだろうか。

そして他の条件として清潔な人という要素もある。これは一般的な女性に聞いたときの男性の好みと同じ。密室の中二人でいる訳だから汚い男と話したくない。口が臭い男とキスをするのはキツイ。不潔で体臭や汚れが目立つ男とエッチなことをしたくない。これは風俗嬢に限らず多くの女性が思っていること。中にはお金がもらえるということでエッチをしてくれる風俗嬢もいるが、我慢しているため彼女たちにとってもこのようなお客と接するのはキツイだろう。風俗ユーザーの中には風俗店で身体を洗えるため、身体をキレイにしてこない人も少なからず存在する。しかし見られるのは清潔にしているかどうか。お客の中には女の子を見て、スタイルの維持やテクニックの上昇など努力の跡が見える部分を評価する。それに対し男性客の努力が見えるのは身だしなみや清潔さ。見た目が格好良くない、体型が太りすぎまたは痩せすぎで恥ずかしいと考える人もいる。ただ女性はそれ以上に「今の自分を少しでも良く見せる努力」として、清潔感があり身だしなみがきちんとしているかを見ることが多いのだ。

上記の条件を満たすことで、風俗嬢に好かれるお客になることは可能だ。それだけに今の自分に自信を持ち良く見せる努力をすること、女の子のことを考えて行動することが大切と言えるのではないだろうか。

憧れの風俗嬢

多くの人にとって自分の中のヒーローなど、憧れや目標と言える存在はいるのではないか。ある人は子供の頃に見た戦隊ヒーロー、またある人は有名スポーツ選手、そして自分の先輩や両親など身近な存在がそれに該当する場合もあるだろう。そしてそれは風俗の世界であっても同じこと。風俗嬢から見た憧れの存在、また風俗ユーザーから見た憧れの風俗嬢などもいるかもしれない。

12017

まず同業者である風俗嬢から尊敬されるのはどういった人なのだろう。ただ風俗嬢の中には自分の同僚や先輩の話をする人もいれば、全くそういった話をしない人もいる。それに同じお店に勤めていたとしても、出勤時間が合わない場合や待合室にいることが少ない女の子だと同僚と仲良くなることも少ないという。また競争原理が働かない場合は、競い合う相手である同僚に興味を示すことも少ない。キャバクラなどと違い裸で接客をするソープ店の場合、もう隠すところがなく身体を使った様々なサービスを行っているためマイペースに接客をすることができるという。そうなると同僚を仲間として見ることはあっても、それ以上は見ないので仕事面での長所に目がいかないため尊敬の対象となることも少ない。ただ風俗嬢の中でもマイペースなタイプばかりでなく、同僚の仕事ぶりを知り盗むところは盗んで自分の稼ぎを増やそうとしている人もいる。そのような人の中にはお客の前でも、同僚風俗嬢の仕事ぶりについて興味深く聞いてくる場合もあるようだ。そしてそのようなタイプの場合には、憧れとなる同僚風俗嬢がいる場合も多い。そんなタイプの女の子が「憧れている」と言っていた風俗嬢は、スタイルが良くテクニックが上手い人だと言う。まずスタイルが良い女性に憧れるのは、風俗嬢のみならず多くの女性に見られる傾向だ。風俗嬢もそれと同じでスタイルが良い人の方が人気を得られる要素も多い。そして風俗ではエッチなことをしてお客を喜ばせる必要があるため、お客を絶頂に導くためのテクニックがある人が好まれる。ただ聞いた女の子がS気質であるため、同じようなタイプで自分より明らかに上にいる人に憧れるという部分もあるのではないだろうか。

そして風俗を定期的に利用するお客が憧れる風俗嬢は、ルックス・スタイルとも良く性格も良い女の子であることが多い。それ以外には自分は努力が出来ないという人もいるため、スタイル・サービス・接客など努力の跡が見える部分が素晴らしい女の子もその中に入るだろう。

風俗と天気の関係

風俗店にはほとんど年中無休で営業しているところも珍しくない。そのため雨の日もあればときには雪の日もあり、晴れ渡った日ばかりではないのだ。そしてこの天気が風俗店の営業に関係してくるという。ここではそのことについて書いて行こうと思う。

12016

雨や雪が降る日はお客さんの数がめっきり減ってしまう。それは吉原のソープ店でささやかれていること。確かに吉原は地域としては東京の都心部ということになるが、鶯谷・日暮里・上野といったJRの駅、浅草・入谷・三ノ輪など地下鉄の駅など最寄りとなる駅が多い反面全ての駅から離れている。そして初めて行く人にとっては、地図を確認しても探すのが難しいほど困難な立地条件だ。そのため雨や雪が降ってしまうと、いくら女の子と遊べると言っても吉原自体に行くのが大変な状況となってしまう。多くのソープ店では駅までの無料送迎を行っているが、中には送迎車やドライバーが少ないなどの理由から利用時間を制限しているところもある。また送迎車はワゴンが多く、同じ時間に同じお店または同じ系列店に行く人と一緒であることも多い。そのためお得に利用できるのにも関わらず、送迎車を使わないという人も少なくないようだ。そういった事情もあって、雨や雪の日は吉原ソープのお客は少なくなる傾向にあるという。ただこれが休日であれば予約をしている人も多く、またその日しか遊びに行けないという人もいるのでそこまで極端にお客は減らない。また女の子の中には土日や平日夜など限られたときにしか出勤しない人もおり、そこで遊ばないと遊ぶ機会がない場合もあるのだ。

ただ平日であると事情が変わるという。平日の昼間に予約をしてくる人の多くは、夜仕事をしているか土日が忙しい仕事をしている。そして平日夜に訪れる人は、仕事帰りに余裕が出来たため立ち寄るというケースも多い。また平日昼間は基本的に利用する人自体が少なく、出勤する女の子も平日昼間中心のシフトを組んでいる場合が多い。そのため雨や雪が降っている日に無理してでも吉原を訪れ、女の子と遊ぶ必要性は少ないのだ。このような事情があるため、吉原ソープでは雨や雪の日は遊びに来る人が少ないと言える。

しかしお客側としてはそれを逆手にとる方法もある。まず雨や雪の日であれば人気嬢でもキャンセルが出ることもあるため、連絡をして予約を取れる可能性が高まるのだ。そして平日昼間の雨の日にもし余裕が出来たらフリーで入っても良い。ほとんどの女の子が待機となっている可能性が高いため、今いる中で一番良い女の子と遊べる可能性もあるのだ。