風俗と天気の関係

風俗店にはほとんど年中無休で営業しているところも珍しくない。そのため雨の日もあればときには雪の日もあり、晴れ渡った日ばかりではないのだ。そしてこの天気が風俗店の営業に関係してくるという。ここではそのことについて書いて行こうと思う。

12016

雨や雪が降る日はお客さんの数がめっきり減ってしまう。それは吉原のソープ店でささやかれていること。確かに吉原は地域としては東京の都心部ということになるが、鶯谷・日暮里・上野といったJRの駅、浅草・入谷・三ノ輪など地下鉄の駅など最寄りとなる駅が多い反面全ての駅から離れている。そして初めて行く人にとっては、地図を確認しても探すのが難しいほど困難な立地条件だ。そのため雨や雪が降ってしまうと、いくら女の子と遊べると言っても吉原自体に行くのが大変な状況となってしまう。多くのソープ店では駅までの無料送迎を行っているが、中には送迎車やドライバーが少ないなどの理由から利用時間を制限しているところもある。また送迎車はワゴンが多く、同じ時間に同じお店または同じ系列店に行く人と一緒であることも多い。そのためお得に利用できるのにも関わらず、送迎車を使わないという人も少なくないようだ。そういった事情もあって、雨や雪の日は吉原ソープのお客は少なくなる傾向にあるという。ただこれが休日であれば予約をしている人も多く、またその日しか遊びに行けないという人もいるのでそこまで極端にお客は減らない。また女の子の中には土日や平日夜など限られたときにしか出勤しない人もおり、そこで遊ばないと遊ぶ機会がない場合もあるのだ。

ただ平日であると事情が変わるという。平日の昼間に予約をしてくる人の多くは、夜仕事をしているか土日が忙しい仕事をしている。そして平日夜に訪れる人は、仕事帰りに余裕が出来たため立ち寄るというケースも多い。また平日昼間は基本的に利用する人自体が少なく、出勤する女の子も平日昼間中心のシフトを組んでいる場合が多い。そのため雨や雪が降っている日に無理してでも吉原を訪れ、女の子と遊ぶ必要性は少ないのだ。このような事情があるため、吉原ソープでは雨や雪の日は遊びに来る人が少ないと言える。

しかしお客側としてはそれを逆手にとる方法もある。まず雨や雪の日であれば人気嬢でもキャンセルが出ることもあるため、連絡をして予約を取れる可能性が高まるのだ。そして平日昼間の雨の日にもし余裕が出来たらフリーで入っても良い。ほとんどの女の子が待機となっている可能性が高いため、今いる中で一番良い女の子と遊べる可能性もあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です